ETFとは?わかりやすく解説

投資について

投資をしようかと迷っているあなたも一度は聞いたことがあるワードの「ETF」ですが、一度詳しく見ていきましょう。

最初は私もよく分かっておらず、ふーん、と思っていましたが調べてみたら非常に便利なアイテムで投資においては必須な銘柄かと思います。(実際私はETFへの投資割合が大きいです)

投資信託とは

ETFを理解頂くためにはまず投資信託を理解頂かなければいけません。

まず投資信託とは呼んで字のごとく、投資を誰かに信託(信用して任せる)することです。おそらく投資・株のイメージは○○社の株を××円で購入し、△△円になったから、売り、利益を獲得する事かと思います。
投資信託も考え方は同じです。ただ投資信託先(ファンドと呼びます)に依頼することにより、ファンドの選んだ銘柄を購入する事になります。
投資信託の特徴を記載しながら解説していきます。

少額から投資ができる

一般的に日本の株式の場合は100株からの購入となり、最低購入金額として何十万円という金額が必要となります。しかし投資信託であれば少額(1万円~)から投資できます。


何故ならば投資信託は投資家達からファンドが資金を集め、その資金で株式や債券を購入するからです。例えばA社は1株1万円を100株単位購入=100万円を最低金額として購入しなければいけません。投資信託であれば10人がそれぞれ10万円を出し、ファンドに預け、A社の100株を購入する事ができます。その代わり利益が出た場合でも100万円投資した時よりも10分の1しか利益を得ることができません。
(厳密には信託手数料や分配金、分散投資により利益は変わります)

株式や債券に分散投資をすることができる

投資信託はファンドにお金を預け、代わりに投資するというシステムです。基本的にファンドは複数の会社の株式や債券に投資・保有しています。何故ならば一社に投資するならばファンドには依頼せず、自分で投資すればよいからです。

ファンドにも色々種類があり、例えば金融系に特化したファンド、エネルギー事業に特化したファンド、IT関連に特化したファンド、債券に特化したファンド等、色々あります。一社だけの投資ではないので、自分が投資したい事業・分野に分散投資する事ができるのです。

投資の基本はリスク分散です。例えば1社だけに100万円を投資した場合、その会社の業績が悪化し、株価の下落、倒産してしまった場合は100万円丸々損をしてしまいます。しかし、10万円を10社に分散投資した場合、1社が倒産したとしても90万円はまだ残り、残りの90万円が利益を出していれば10万円の損を補う事ができるかもしれません。

投資信託(ファンド)に投資する=分散投資となり、それだけでリスク分散をすることができるのです。

専門家による運用

ファンドは言うまでも無く、プロの専門家によって運用されています。ですのでファンドが選ぶ企業や事業というのは専門家が選んだものであり、ある程度株価が上がる、事業が拡大する事を見込まれた企業が選ばれているのです。
私個人としても投資信託の一番の魅力はこれだと感じています。例えば1社の株を購入しようと考える時、その会社は今後事業が拡大していくのか、会社のキャッシュフローは良好なのか、決算書を確認しなければ、、、等色々調べなければいけません。しかし投資信託へお願いすれば専門家が選んだ選りすぐりの株式や債券で構成されており、投資家自身はあまり深く調べる必要はありません。またファンドにもよりますが、定期的に銘柄のリバランスも行ってくれます。リバランスとは、ファンドが10社の株式を保有しておりその内の一社の業績が悪くなった為、別の株式に変える等、所持している銘柄を適正に入れ替えてくれるのです。自分で行う場合は都度株価等を確認しなければいけませんが、ファンドに任せておけば、リバランスも自動で行ってくれます。

投資信託への投資を簡単に図解いたします。

ETFとは

上記で投資信託について説明させて頂いたので、今度はETFについて解説していきます。

ETF(Exchange Traded Fund)

ETFとはExchange Traded Fundの略で日本語では「上場投資信託」という意味になります。言葉の通り上場している投資信託になります。つまり上記にも記載した通り投資信託はファンドが運営しており、その銘柄(上記の場合で言えばABCパック)は上場されていませんが、ETFの銘柄は上場されているのです。その為ETFの銘柄を購入する場合、株式と同様に証券会社を通じて証券取引所で買付や売却を行うのです。逆に言うと投資信託の銘柄は上場されていない為、証券会社や銀行等の金融機関から買付、売却を行います。

ETFと投資信託の違い

ETFは上記で示した投資信託と基本的に機能は全く同じです。ただその銘柄が上場されているかされていないかの違いです。とはいうもののいくつか違いがあるので解説いたします。

リアルタイム取引

ETFは証券取引所に上場されている為、株同様リアルタイムに取引ができます。リアルタイム取引が可能な為価格もリアルタイムに変動します。逆に投資信託は申込期間中の9時~15時となり、一日一回算出される基準価格がその銘柄の価格になるます。

信託報酬の違い

投資信託はファンドに投資を依頼し、ETFでは運用会社に投資を依頼(ETFではファンドではなく運用会社といいます)し、上記にも記載した通り、専門家に運用してもらっています。その為手数料が発生します。これを信託報酬といいます。そしてETFの方が投資信託より信託報酬が安いのです。
平均ですが投資信託の信託報酬は1.12%程度それに対して、ETFの信託報酬は0.36%程度になります。100万円を運用した場合、投資信託では11,200円、ETFでは3,600円の信託報酬が掛かるイメージです。

なぜETFの信託報酬が安いかというと、EFTと投資信託では信託報酬の支払い先が違う為です。違いは下記のとおりです。

  • 投資信託:「運用会社・販売会社・受託銀行」へ信託報酬を支払う
  • ETF:「運用会社・受託銀行」へ信託報酬を支払う

ETFは証券取引所に上場されている為販売会社に支払う信託報酬が発生しないのです。

自動積立ができない・・・

投資信託では自動積立ができます。例えば月1回1万円積立を行うという設定をすれば、販売会社が勝手に行ってくれます。しかしETFは自動積立できないケースが多いです。証券会社によっては自動積立ができる所もあるようですが、私が使用している楽天証券では自動積立ができません。。。SBI証券ではできる様です。

私は投資信託にも投資しておりますが、自動積立設定をしており、非常に楽です。しかしETFではできないので月初に積立を行うと決めています。確かに少し手間ですが、1ヵ月の間考える時間があり、投資する割合をやっぱり変えたりすることもあります(もちろん投資信託でも可能ですが)。

まとめ

  • 投資信託は少額から投資ができる株式や債券に分散投資をすることができる専門家によって運営される
  • ETFも基本的には投資信託と同じ機能を持っている。
  • ETFと投資信託の違いは、ETFは証券取引所に上場されているリアルタイム取引ができる信託報酬が安い自動積立ができないケースが多い

コメント

タイトルとURLをコピーしました