転職面接における最強武器

転職について

書類選考も通過し、ついに面接という方もいらっしゃるかと思います。

転職の面接では何が聞かれるのか、何を答えればいいのか、どうやったら印象が良くなるのか、不安も多いですが、転職面接における最強武器を解説します。

転職面接

書類選考は通るけど面接が通らない、、、志望動機、転職理由、自己PR何を磨けばいいのか。。。

確かにどれも大切だと私も思います。しかし新卒就職活動と転職活動には大きな違いがあります。

それは前職の職務経験があるという事です。

当たり前の事で見落としがちかもしれませんが、これは重要な事です。

前職の職務経験が転職面接では考えの基本となり、また最強武器になると私は考えます。

その理由を見ていきましょう。

前職の職務経験が最強武器?

私は前職・就職経験が転職面接には最強の武器になると考えています。

何故ならば面接で必ず聞かれる自己PR、志望動機、転職理由、全てにおいて前職の経験が回答のベースになるからです。

例えば自己PRでは、前職で~をやっていた、志望動機では前職では~な仕事ををやっており、御社に入社しても貢献できる、転職理由では前職で~ができなかった為、~な仕事がしたいと思い転職を決意した、等です。

言い方は人それぞれかもしれませんが、転職面接の場面では必ず前職について話す機会が発生します。

また面接官も一人の社会人であり面接を受けるあなたが今までどんな仕事をしていたか、どんな会社に勤めていたかという事には少なからず興味があります。

つまり前職の職務経験をまとめておくのは非常に重要なことなのです。

  • 前職の職務経験は転職面接における質問の回答のベースになる
  • 転職面接の場では前職について話す機会が必ず発生す
  • 前職の職務経験をまとめておくのは非常に重要

前職の職務経験について

では具体的に前職のどんな職務経験をまとめておけば良いのでしょうか。

具体的には下記の通りです。

  • 前職の会社の事業内容、規模、業界でのポジション
  • 自分の前職での職種、業務内容
  • 前職で成し遂げた事

前職の会社の事業内容、規模、業界でのポジションを話せるとあなたがどのくらいの規模の会社に勤めていたか面接官もイメージがきます

前職での職種、業務内容については面接官に伝える事により転職先での業務に対応できるか、問題なく仕事をこなせるかイメージができます

前職で成し遂げた事は転職先でも何か成し遂げてくれるのではないかというイメージができます

全て面接官にイメージさせる話ですが、これが重要なのです。何故ならばイメージがマッチした時に好印象を与えられるからなのです。

面接官は面接で初めて会うあなたの転職後の姿をイメージ・想像することしかできず、前職での職務経験が一番イメージしやすいのです。

新しく成し遂げた事を加えるとなおベター

営業職では特にそうかもしれませんが、前職の職務経験で新しく成し遂げた事を話す事ができるとなおベターです。

例えば私はルート営業が基本で、担当している顧客は数社でした。しかし、ある事をきっかけに新規顧客を開拓し、売上を上げる事が出来ました

今の時代どこの会社でもそうだと思いますが、新しい事業、新しい顧客、新しい商品開発に挑戦していかなければ会社としてこれから先も存続できていけません

その為もし自分が新しい顧客を開拓した等の経験を持っていると面接官としては、転職後も将来的に新規開拓してくれると期待を抱けます

客観的にもわかる様表現する

いざ前職の職務内容をまとめ、面接で話しても抽象的な表現になっては意味がありません

その為客観的にもわかる様、つまり初めて会う面接官にも分かるように前職の職務内容を表現しなければいけません

客観的に表現するというのは数字を使って表現する事です。

私も先別新規顧客を開拓し、売上を上げる事が出来た、と記載しましたが、合わせて具体的な売上金額も伝えています

数字で表現する事により面接官のイメージ度合いが更に鮮明化するからです。

合わせて割合(%)で表現できるようにもした方が良いです。何故ならば数字が小さかったとしても割合が大きければその凄みが伝わるからです。

まとめ

  • 前職の職務経験が転職面接では考えの基本となり、また最強武器になる
  • 前職の職務経験は転職面接における質問の回答のベースになる
  • 前職の職務経験をまとめておくのは非常に重要
  • 面接官に転職後の姿をイメージさせマッチさせる
  • 前職で新しく成し遂げた事も話せるようにする
  • 前職の職務経験を客観的に表現する

コメント

タイトルとURLをコピーしました