転職手順について

転職について

今の20代、30代の方で転職に悩んでいる方はいらっしゃるかと思います。私は30代前半ですが今まで2回転職をしています。自分の中で当たり前になってしまいましたが、現在の日本社会では2回の転職は多い方だと思います。

一度転職してしまうと意外と簡単だという事に気づくと思います。まずは手順を解説できればと思います。

転職手順・転職は難しくない

転職した事ない方がおそらく一番最初に思う事は転職は難しい、面倒くさい、けど今の職場には居たくない。。。という方がほとんどだと思います。

しかし私の経験上ですが意外と簡単です。

まず現代の日本社会における具体的な転職活動の手順を記載します。

転職サイトへの登録

CMでもよくやっていますが、まずは転職サイトに登録しましょう。有名なところで下記があるかと思います。

1.ビズリーチ BIZREACH

2. リクルートエージェント

3. リクナビNEXT

4. doda

5. マイナビ転職

結論から言いますと登録する転職サイトはどれでも大丈夫です。個人的にはリクナビNEXTとビズリーチに登録していました。2つか3つ登録しておけば問題無いかと思います。

サイト内で履歴書は書かなくていい

さぁ、サイトに登録しました、いざ始めようかと思ったらサイト内の履歴書記入を求められ、めんどくさくなってしまい止めてしまう方も多いかと思います。しかし、この段階で履歴書は書かなくて大丈夫です!!

確かにちゃんとした履歴書を記載しておく事はいい事かもしれません。しかしここで記載したものは人材を探している企業か転職エージェントが見るくらいで、はい、面接しましょう、という話にはまず進みません。

例え話が進んだとしてもそれはあくまで企業があなたを欲しているだけで、自分が欲している企業ではないからです。奇跡的にマッチする事もあるかもしれませんが。。

それよりも考えておかなければいけない事は、

  • 自分がどんな会社に転職したいか
  • 自分の転職における曲げられない条件は何か
  • 何故転職したいか

少なくともこれらを明確にし、具体的に説明できるようにしてください。その内容は自分が思っている事を素直に言える様にしておけば問題ございません

例えば折角転職するから年収は前職よりも50万円以上上げたい、前職は商社だったから経験を活かして転職先も商社がいい、社内の上司のパワハラがつらい、残業が多い等、率直に思っている事で構いません。

後程説明しますが転職エージェントからどんな会社に転職したいのか、転職する理由が何なのかを必ず聞かれるので、自分の中で整理をしておく事をお勧めします。

転職エージェント

転職サイトに登録したら先程の3つの点は明確にした上で転職サイトに登録されいる気になる企業を色々見てみましょう。

色々な企業や事業、それに対する条件等を見ていると自分が転職に求める条件が更に具体化してくるからです。そこでいい会社等を見つけると転職したいというモチベーションにも繋がります。

そんな事を考えているとこれでもかという位転職エージェントから連絡が来ます。転職エージェントとは実際に企業を紹介してくれる会社です。

転職エージェントにも色々と得意、不得意があり、例えば外資系企業の求人を取り扱っている、地元の企業に特化した求人を取り扱っている、技術系の求人を取り扱っている等様々です。

転職サイトと転職エージェントの違いが分からない方もいらっしゃるかもしれないので、転職サイト:リクナビNEXTを使用た場合の例を図解します。

こちらを見れば分かりますが、転職エージェントは実際に転職サイトに掲載されている企業の間に入り転職希望者と調整してくれます。また転職サイトには記載されていない、転職エージェントしか取り扱っていない企業多数もあります。

私が最初に転職サイトは正直どれでもいいと記載した主な理由はここにあります。転職サイトに掲載されている企業よりも、転職エージェントが取り扱っている企業が重要なのです

大手企業にもなるとどこの転職サイトにも求人を掲載しており、実際に違いが出てくるのはこの転職エージェントが取り扱っている企業になるのです。

転職エージェントの主な役割

上記の通り転職エージェントの基本的な役割は理解頂けたと思います。しかし転職エージェントにはまだまだ役割があるのです。


具体的な例は下記の通りです。

  • 職務経歴書・履歴書の添削
  • 企業との面接日程調整
  • 筆記試験や面接における傾向と対策の伝授

どれも重要な役割ですね。職務経歴書については就活でも書いた事が無く、初めて転職活動する方はどの様に書けばいいかもわからないかと思います。

しかし転職エージェントに相談すればどのように書けばいいか初めから丁寧に教えてくれます。フォーマットも彼らが用意していることが多くその内容に沿って書けばいいだけです。

添削してもらった職務経歴書・履歴書も転職エージェント経由企業へ提出してもらいます。書類選考が通れば次は面接になりますが、面接の日程調整も転職エージェントが行ってくれます。

次はいよいよ筆記試験や面接になるかと思います。自分なりに志望動機や転職理由を考えても客観的に聞いたらどう思うか、ましてや良い内容が思いつかない場合もあるかと思います。そんな悩みも転職エージェントに相談すれば一緒に親身になって考えてくれます

これらは逆に全て転職エージェントの仕事であり、転職希望者はどんどん質問や相談をすればよいのです。どんな会社に転職したいか、転職において曲げられない条件は何か、何故転職したいと考えたかを具体的にしておく理由はここにあります。

転職エージェントはこういった話を何百人からも聞いており、それをどのように企業側に面接の場で伝えれば印象が良くなるかを知っているのです。

転職エージェント選びが大切な理由

転職において転職エージェントの役割は重大であることがよくわかりました。更にこれらのサービスは基本的に無料です。転職エージェントから転職希望者に何かの費用を請求することはありません(エージェントによってはあるかもしれませんが)。

転職エージェントは基本的に企業に人材を紹介し、企業がその人材を採用したら企業から報酬を受ける事になっているからです。

聞いた事ある話では採用された人の年収の30%が転職エージェントに報酬として支払われる等、他にも条件は色々あると思いますが。

逆を言うと転職エージェント側は企業に採用させてしまえば報酬が発生するので、例えば優秀な人材にも関わらず、キャリアダウンさせるような企業を紹介するケースもあります。その方が採用率が上がり、転職エージェント担当者の実績が上がるからです。

その為キャリアアップをさせてくれる転職エージェントを選ぶことが重要になります。

JACリクルートメントは転職エージェントとしては評判良いです。私も実際に使用しましたが、面接対策や賃金交渉においては親身になって対応頂き、年収が上がる転職をすることができました。

この様に転職活動は基本的に転職エージェントに任せておけば全てアレンジしてくれます。

私個人としては学生時代の何十社も採用試験を受けましたが、全く内定がもらえず、最終的にはハローワークに企業を紹介してもらい、大学卒業後小さな工場に勤めていました(その後2回転職をしました)。

今となっては当時転職エージェントの様な物に出会っていれば、学生時代の就職活動も上手くいったかもしれません。

転職活動は恋愛と似ている

個人的に考えますが、転職活動は恋愛と似ているかもしれません。いくら相手の外見がタイプでも正確が合わなければ嫌いになってしまいます。

インターネットで企業の概要(外見)は分かるかもしれませんが、内容(性格までは分かりません。また自分の事を企業側へ表現するのも非常に難しいです。

転職エージェントを通じて、相手の企業の事を分かり、自分の事を分かってもらえる、相思相愛となる企業を見つけるのが転職の近道かもしれません

まとめ

  • 転職は思っている程難しくない
  • 転職サイトには登録するだけでOK
  • 転職エージェントから求人を紹介してもらい、採用されるまで色々相談をする
  • 転職エージェント選びは重要
  • 転職活動は恋愛と似ている。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました