円高とは

投資について

前回は円安について説明させて頂きましたが、今回は円高について説明させて頂きます。基本的には円安と考え方は逆になります。

円高とは

円安同様特に基準はありません。例えば現在の円と米国ドルのレートが100円=1ドルだとします(これは1ドルを100円で買える・換金できるという意味)。そのレートが90円=1ドルとなった場合、これが円高になったという事です。

100円⇒90円になったのに、円高になった意味が分からん、という方が最初は多いかと思います。私もそうでした。もっと詳しく見ていきましょう。

円高の「円」とは円の価値を意味しており、円高になると円の価値が上がった(高くなった)という事になります。つまり1ドルを買うのに今まで100円だったが、90円だけで済むようになった=円の価値が上がった為、円が高くなったという事です。

円の価値が上がるという意味が分かりにくいかもなので図解します。

上記は円安時に外貨(アメリカドル)の物を購入した場合ですが、逆に販売した場合はどうなるか見てみましょう。
例えば先ほどのリンゴを今度は日本産としてアメリカへ輸出した場合。

上記の通り同じ方法でリンゴを販売したにも関わらず、1ドル=90円の時の方が1ドル=100円の時よりも10円安く販売することになってしまうのです。その為販売するという観点で見ると円高の方が利益が目減りしてしまうのです。
日本全体で見た場合、円高になってしまうと販売額が減ってしまいます。しかし、購入するという意味では今までよりも安く海外品を仕入れられるという事になります。

超円高

上記の通り円高に進むことは日本として輸出額が下がってしまい、経済面での影響としてはあまりよくありません。

そんな中2008年から2012年頃にかけて1ドル=70円台まで下がることがありました。あなたも一度は聞いたことがあるかと思いますが、アメリカでリーマンショック起き、日本で東日本大震災が起きた為です。為替や株価が何故変動するかというのを解説するのは難しいですが、今回はリスクオフによる円高と言われております。これは比較的安全な資産とされている日本円(日本国際)に投資家の資金が向かう為です。

米ドル対円相場(仲値)推移(短期)
引用元:七十七銀行

これだけ円高になるとどうなるか?上記にも説明した通り、海外へ輸出すればするほど損が出てしまいます。日本は企業の集合体であり、一つ一つの企業が輸出をして損を出してしまう事となり、企業としても損を出し続けてると、倒産してしまいます。その為企業は円高による輸出の損を避ける為海外へ進出していきます。海外へ進出する事により現地でのモノや企業を少ないお金で買う事が出来るためです。(産業の空洞化)

現在はコロナ禍ですが、円高の時に海外進出したことが逆効果をもたらしているとも聞きます。コロナ禍により輸出入における貨物が止まってしまい、生産に支障が出てしまうという事です。企業は円高対策の為海外進出をしましたが、それにより産業の空洞化が起きてしまい、国内だけでの生産が出来なくなってしまったのです。

企業は円高や円安の為に様々な対策を打ってきましたが、更なる予想外な課題が発生するとなると何が本当に正しいか分からなくなってきてしまいますね。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました