円安とは

投資について

外国株式投資やFXの際には必ず出てくる単語になります。仕事でも使用される事もよくあるかと思います。私個人としては米国株式投資(特にETF)が好きで、円安、円高の考えが理解できていると役に立ちます。まずは円安とはどういうことか見ていきましょう。

円安とは

正直円安でも円高でも具体的な基準はありません(例えば110円以上なら円安とか)。どちらかというと現在のレートに対して安くなったか、高くなったかで、円安や円高といった表現をします。

では円安とはどういう事でしょうか。例えば現在の円と米国ドルのレートが100円=1ドルだとします(これは1ドルを100円で買える・換金できるという意味)。そのレートが110円=1ドルとなった場合、これが円安になったという事です。

100円⇒110円になったのに、円安になった意味が分からん、という方が最初は多いかと思います。私もそうでした。もっと詳しく見ていきましょう。

円安の「円」とは円の価値を意味しており、円安になると円の価値が下がった(安くなった)という事になります。つまり1ドルを買うのに今まで100円で済んだに、110円払わなければいけなくなった=円の価値が下がってしまった為、円が安くなってしまうという事です。

円の価値が下がるという意味が分かりにくいかもなので図解します。

上記は円安時に外貨(アメリカドル)の物を購入した場合ですが、逆に販売した場合はどうなるか見てみましょう。
例えば先ほどのリンゴを今度は日本産としてアメリカへ輸出した場合。

上記の通り同じ方法でリンゴを販売したにも関わらず、1ドル=110円の方が1ドル=100円の時よりも10円高く販売することができるのです。その為販売するという観点で見ると円安の方が多く利益を獲得する事ができます。
日本全体で見た場合、円安になり輸出による販売額が上がったほうが利益を多くもたらす事ができるのです。ですので円安がいいのか、円高がいいのかと考えた時、販売により利益を多く獲得したい場合は円安の方が恩恵を受けられます。

1ドル=360円の時代があった

学校で勉強する機会もあったかもしれませんが、日本では1ドル=360円の時代がありました。これは日本で戦後1949年から固定相場制を採り入れた為です。今の為替相場が1ドル=103円という事を考えるともの凄いことです。現在では103円でしか売れませんが、もし当時のレートであれば360円で売れる事になり約3.5倍です。つまり日本で103万円の自動車を輸出して販売した場合、約360万円でアメリカで販売できる事となり、為替の損益だけでもプラス257万円で、さらに販売時における利益も取れてしまいます(当時の日本はウハウハでしてでしょう)。

しかし、1971年8月にニクソン大統領が「ドルと金の交換停止」とする経済政策を発表(これが「ニクソン・ショック」)し、固定相場制から変動相場制に移行しました。

引用元:ファイナンシャルスター

今では1ドル=100円前後をウロウロとしています。

実際には

上記に円安ということを簡単に記載させて頂きました。しかし実際には海外で販売するにも円⇒アメリカドルへの変換にも為替手数料がかかったり、輸出時にはもちろんそれにかかわる輸送費、現地で輸入してもらうための関税等々が発生するため、円安になったからといって海外に販売することは必ずしも得になるという事ではありません。また円高になった場合は輸入額が安くなります。また別の記事で説明させて頂きます。
今回は円対アメリカドルで説明させて頂きましたが他の通貨でも考え方は同じです。

色々と記載させて頂きましたが、円安の考え方としてはイメージできて頂いたかと思います。

また他にも解説してほしい内容等ございましたらご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました